家庭用キャビテーション 自宅 エステ 痩身効果

キャビテーションの効果

キャビテーションは脂肪細胞だけにアタックする特殊な超音波から気泡を発生させることで
脂肪細胞を刺激し溶かすことで体外へ排出する痩身方法です。
従来の脂肪吸引とは違い、手術ではありませんのでメスを使って切開したり、薬剤を注射することがなく、
また、副作用の心配もないため体への負担が小さいです。

 

脂肪細胞自体の数を減少させるため、リバウンドの心配が全くありません。
メスを使わない脂肪吸引とも呼ばれますが、脂肪吸引ほどの即効性は期待できません。
1回でも効果を感じられますが、5回〜6回程度を1クールとして行っているサロンが多いです。
溶かした脂肪細胞はそのままでは固まって元に戻ってしまうため、
マッサージなどでリンパや血液に流し体外へ排出する必要があります。
サロンなどではマッサージまでセットにして行うことが多いです。

 

家庭用キャビテーションで脂肪を破壊する場合は、キャビテーションを充てるだけで良いのですが、終了後、マッサージクリームを使って破壊した脂肪をリンパから排出するようにもみほぐしましょう。

 

キャビテーションを受けてから2週間ほどは効果が続いているため、この期間は食事に気を使ったり、
普段より多く水分を摂取したり、適度に運動することで代謝が高まり、溶かした脂肪を排出・消費しやすくなります。
代謝が高まることで効果があがるため、サロンなどでは代謝をアップさせるラジオ波とセットで利用できるようにしていることも多いです。

 

注意点として、キャビテーションを行った直後は体内への栄養の吸収率が高くなっているため、
施術の30分前から2時間後は高カロリーの食事を避けるようにします。
キャビテーションは施術後のケアによって効果が違ってきますので、
最大限の効果を手に入れるためにもアフターケアは重要です。
また、溶けた脂肪を肝臓に集まって分解するために負荷がかかります。
そのため、肝臓機能が弱い人は利用を避けた方が良いです。

むくみ解消にもなる家庭用キャビテーション

だるさや痛みの原因となるむくみは、とてもつらいものです。
しかも、パンパンになった足は下半身太りのように見えてしまうこともあります。
そんなむくみの原因は、血液やリンパ液などが正常にに流れていないからです。

 

私たちの血液はポンプの役割をしている心臓の動きによって体内を流れています。同じくリンパ管を通って細胞で不要になった水分が体内を巡っています。
この循環がうまくいかなければ、不要なものが滞り、むくみの原因となってしまうのです。
さらに、これらの不要物は脂肪と一緒にからみついてセルライトの原因となってしまいます。

 

これを解消するためには、運動によって筋力アップやエステサロンでのマッサージを受けることが一番だとされています。
でも、これを実行できる人は少ないですよね。
そこで、家庭用キャビテーションを用いることで、脂肪細胞を刺激して、脂肪を溶かして頑固なセルライトを破壊して老廃物としてからだの外へと排出します
また、最近の家庭用キャビテーションは、筋肉を動かすEMS機能もついているので、効果でむくみを解決するための筋力アップも行うことができるのです。