家庭用キャビテーション 自宅 エステ 痩身効果

家庭用キャビテーション≪キャビスパ≫の特長

キャビスパは、美容家電のパイオニアである「ヤーマン」が手掛けた、エステで人気のキャビテーションを家庭で再現することを目指した最新美容機器です。
脂肪を直接燃やすため、リバウンドがないのが特徴です。

 

キャビスパキャビスパEXの2種類の機器があり、どちらも防水使用なので、湯船の中やシャワーを浴びながらの使用が可能となっています。

 

RF(ラジオ波)による深層温熱効果でお肌を温めながら効率よくボディケアできるのが特長です。
業務用キャビテーション機器でも採用されている330kHzの超音波により脂肪を振動させ、固い脂肪細胞のみを燃焼させます。
また、EMSによる電気の刺激を直接筋肉に伝えることで筋肉を動かし、効率よくボディを引き締めることができます。

 

キャビスパEXのみ搭載している機能としては、低周波と中周波をMIXしたダブル波EMS機能です。
表面の筋肉からインナーマッスルまで刺激することができ、厚い脂肪も燃焼します。
さらに、バストケアに特化した「バストモード」を搭載しており、ダブル波EMSで大胸筋を鍛えることでハリのあるバストが実現します。

キャビテーションの効果

キャビテーションは脂肪細胞だけに効果のある特殊な超音波を利用して脂肪細胞を破壊し、これをリンパや血液に流し老廃物として体外へ排出する痩身方法です。

 

手術ではありませんので、メスで切開したり薬剤を使ったり、また、痛みを伴ったり熱を出したりすることもないため体への負担がほとんどありません。
また脂肪細胞を分解させるため、我慢するダイエットにありがちなリバウンドとは無縁です。
醜いセルライトにも効果を発揮してくれます。

 

切らない脂肪吸引とも呼ばれますが、残念ながら脂肪吸引のような早い効果は期待できません。
1回の施術で満足される方もおられますが、通常の場合5回程度施術を受けることで、より効果を得られるため、5回を1クールと設定して施術を行うサロンが多いようです。
しかし、家庭用のキャビテーションの場合は、自分の好きな時に何度でも施術することができるため、かえってサロンに何度も通うよりも早く効果を感じられるでしょう。

 

溶かした脂肪細胞をそのまま放置していると固まって元の状態に逆戻りするため、マッサージなどでリンパや血液に押し出してあげるとより効果的です。

 

注意点として、キャビテーションを利用した直後は脂肪の吸収率が普段より高くなっているため、施術前30分から施術後2時間は食事を控えるようにします。
また、溶けた脂肪は肝臓で分解するために大きな負担がかかります。
そのため、肝臓が弱い人や肝臓に持病のある方は利用を控えた方が良いです。

家庭用キャビテーション「キャビスパ」と「キャビスパEX」比較表

 

 

商品名

 ボディケア キャビスパ ボディケア キャビスパEX

 

特長

●RF(ラジオ波)1MHz
●CAVI 330kHz
●防水(お風呂で使用可能)
●EMS

●RF(ラジオ波)1MHz
●CAVI 330kHz
●防水(お風呂で使用可能)
●ダブル波EMS
●バストモード

金額

¥29,800(税別)

¥40,000(税別)

 

キャビテーションの場合、一度の施術で希望通りの体型にするのは難しいです。
エステでキャビテーションの施術を受けるとなると、通院回数が増えるごとに当然費用もかさんできます。

 

しかし、自宅にいながら自分で施術できる「家庭用キャビスパ」でしたら、自分の好きな時間に好きなだけ行うことができます。
つまり、一度購入してしまえば、それ以上費用がかかることはありません。
エステでキャビテーションを受けるよりも、家庭用キャビスパの方が断然お得なのです☆☆☆

 

下記の公式サイトに、家庭用キャビスパの詳しい情報がありますので、体験レポートなども参考にしてみると良いかもしれません。