家庭用キャビテーション

ヤーマンのキャビスパとキャビプラスの違い

超音波を使った痩身エステとして雑誌やテレビなどのメディアで絶賛中の家庭用キャビテーションの購入を考えている方、いらっしゃいませんか?
でも、複数のメーカーからキャビテーションが発売されていて、一体どのキャビテーションを選べばいいの?と悩んでしまいます。
そこでヤーマンから発売されているキャビスパキャビプラスを比較してみることにします。

 

まずキャビスパは爆発的に売り上げを伸ばした熱線式脱毛器no!no!HAIRや、本格美顔器RFボーテを販売している美容家電メーカーが販売しているキャビテーションがキャビスパです。
商品自体は充電式のコードレスタイプのキャビスパに対し、キャビプラスは電源コードを採用した交流式タイプです。
充電式に比べ交流式は出力のパワーが強いことや充電の必要がないため、必要な時にコンセントにつなぐことができるため、便利だといわれています。
一方で電源コードが邪魔になったり、防水機能がついていないため、浴室で使うことができないというデメリットがあります。

 

機能については、双方共にキャビテーション、ラジオ波、EMSの3機能を搭載していますが、キャビプラスはLEDをプラスして、肌のケアや顔も行えるとのことです。
価格は同じですが、美容家電の大手という安心感と使い勝手で選ぶならキャビスパ顔のケアも行いたいならキャビプラスを選ぶことになるのではないでしょうか?