家庭用キャビテーション

キャビテーションの安全性

 

キャビテーションとは、からだに超音波を当てて脂肪を溶解、乳化させ効率よくからだの外に排出する痩身を図るエステの施術方法です。
2010年頃からエステに導入されるようになり「切らない脂肪吸引」として注目度がアップしています。
しかし、その一方で、からだに超音波を当てることで人体に影響が出るのでは?と副作用や後遺症の心配している人も少なくありません。

 

当然、多くの臨床実験を踏まえた痩身技術であり、副作用などは確認されていません。
世界の多くで医療機器としてキャビテーションマシーンが導入されています。
その代表的なものとして、腎臓結石などの破壊治療があります。
この技術を脂肪へと応用したのがキャビテーションだと考えれれば、安心できるのではないでしょうか?

ただし、妊娠をしている方や妊娠の可能性がある方、心臓にペースメーカーを使用している方、金属性のプロテーゼを体内に使用している方などは超音波の影響を受けてしまう可能性があるため、施術することができないとされています。

 

また、肝臓が悪い方もキャビテーションの使用はやめられた方がいいかもしれません。

 

肝臓は脂肪を分解する臓器ですので、キャビテーションで破壊された脂肪は肝臓に大量に送り込まれることになり、肝臓機能が低下している状態だと、分解できなかった脂肪が肝臓に貯蔵される可能もあるからです。
肝臓が悪いと言ってもピンキリですが・・
肝臓の数値が気になっている方は、まずは肝臓の数値を適正にするのが先決です。
健康あっての美なので、特に肝炎レベルの人は医者に必ず相談しましょう!

 

影響がある可能性があると思われる場合には主治医に相談してから開始することをお勧めします。

 

その効果の高さからキャビテーションは顔には使えません

小顔効果を求めるなら違う方法がおすすめです。

 

生活習慣を見直して小顔になる方法

女性誌でもテレビの情報番組でも、小顔になる方法はたくさん紹介されています。
小顔効果が得られる方法としては、顔のマッサージや筋トレ、お肌のお手入れ、顔ヨガやツボ刺激などです。
小顔になるためには、顔に対するケアよりも、日々の生活をより健康的なものにすることが重要といえます。

 

むくみは、顔のサイズを大きく見せる要因となっています。
お酒の飲み過ぎや、塩分の多い食事、睡眠不足、水分代謝の異常など、これらはすべて顔のむくみの原因になります。
全く逆ベクトルの生活を送ることで、健康的になり、顔のむくみも解消されます。
飲酒は極力控えて、食事の内容もむくみを招かないようなものが中心となるように見直しをしましょう。
しょっぱい味つけは適度にして、カリウムやミネラルが多い野菜や果物を意識して食べましょう。

 

体の中に老廃物や使い終わった水分がいつまでも残っているとむくみの原因になりますので、睡眠時間を確保して疲労を癒し、活動が活発な臓器でいられるようにします。運動不足を解消するために、歩く距離を増やしましょう。
たくさん体を動かせば、体も引き締まってきて、むくみも解消されます。

 

生活習慣の改善で小顔を目指すことは、ダイエットや美肌など、小顔以外の美容や健康への効果も高い方法でもあります。
小顔になるための方法は色々ありますが、特に生活習慣の見直しはいい方法です。

 

小顔にするなら小顔ローラーがおすすめ

小顔ローラーは、その名の通り、小顔に見せたり、美肌に見せることができるフェイシャルマッサージのアイテムです。

 

では、なぜ小顔ローラーを使うことで小顔を目指すことができるのでしょうか?

 

それは、まず顔全体を転がすことで、顔の皮膚に刺激を与えて、筋肉をほぐすことによって血液の流れやリンパの流れを促進することができます。
これによって溜まった老廃物が流れやすくなり、むくみを解消して小顔になるという効果を得ることができます。
また、凝り固まった表情筋肉をほぐすことは、たるんでいた筋肉を刺激することができるので、リフトアップ効果によって、顔が引き締まったように見せたり、顔についてしまった不要なぜい肉を引き締めて、フェイスラインをシャープに見せることができます。
また、小顔ローラーの素材によっては、新陳代謝を高めたりマッサージ効果をアップさせるものもあるので、さらに小顔に近づくことができるものもあるので、自分の目的や使いやすさなども考慮してみるのがいいかもしれませんね。

 

簡単顔やせエクササイズで小顔をゲット

小顔になるための努力に関心を持つ女性は少なくないようです。
顔が大きくて悩んでいるという人でも、顔を引き締め、今より小さく見せる方法は、様々なものがあります。
とても簡単に誰でも出来るエクササイズ方法によって、顔やせが叶うのです。

 

顔やせ効果が高いエクササイズとして、舌を回すことで筋肉を使うエクササイズです。
舌を支えている筋肉を動かすことで、顔の脂肪の消費を促し、小顔効果をよりアップさせることができます。
エクササイズのための舌を回す方法は、だ液がたくさん出ますので、口臭を緩和する効果があることも利点となります。
右50回、左50回、舌を口の中で回すことで筋肉に刺激が加えられ、小顔効果が期待できます。
開始直後は、舌の筋肉がだるくなってしまうかもしれませんが、続けていくと輪郭線のたるみがなくなって、顔が引き締まっていきます。

 

顔を上に向けて、あいうえおと口を動かすだけのエクササイズも良く知られている顔やせ方法です。
一音一音、大仰なほどに口を動かしながら言うことが大事です。10回から開始し、何回も口に出して言えるようにしていきます。
二重あごが気になる人や、顔のむくみが目立つ人におすすめの方法です。
時間もかからず、特別な器具もいらないエクササイズです。

 

手軽にできて、小顔効果を実感しやすい方法ですので、顔やせマッサージを続けることは、それほど難しくないでしょう。

 

顔やせに効果的な小顔矯正とは

かわいらしさの条件に小顔を挙げる人が多いことから、小顔矯正を受ける人が増えています。
顔やせに効果がある方法として話題になっている小顔矯正というのは、従来のオイルマッサージやリンパマッサージとは全く異なる方法のようです。

 

小顔矯正と呼ばれる美容施術は、効果の確かさや即効性の高さから、芸能人の方にも多く利用されているそうです。
ある程度の痛みに耐えることができなければ、現代の小顔矯正は受けられないでしょう。
小顔矯正では、骨格の歪みを矯正したり、筋肉のこりをほぐすことで、顔やせ効果を得るというやり方になります。
施術中に感じる痛みの程度は人によって異なりますが、骨格の歪みが大きかった人や、筋肉が凝っていた人は相当に痛むようです。

 

筋肉の凝りが強かったり、骨のひずみが大きいほうが、小顔矯正中の痛みは大きくなり、小顔効果も高くなります。
1度の小顔矯正の施術でも、顔の輪郭にかなりの顔やせの変化が見られるのが特徴です。
1度きりの矯正だと、生活していく中での癖や時間が経過していく事で、再び元に戻ってしまうことが多いのである程度の施術回数が必要になります。

 

一定期間をあけながら小顔矯正の施術をうけ、最終的には適切な状態に骨格を配置していければ、それまで筋肉や血液に留まっていた不要な水分や老廃物を押し流していけます。

 

定期的に小顔矯正施術を行い、しかるべき場所に骨格がおさまることで、自分の顔の一番小顔状態をつくることが可能です。
小顔施術は、これまでのマッサージケアでは、今一つ小顔になれなかったという人にも、おすすめしたい施術といえます。

 

ボトックス注射は小顔になれる方法

ボトックス注射によって、小顔効果や、表情じわの解消効果のある美容施術を受けることができます。

 

ボトックスといえば、表情シワに効果のある美容施術として有名で、美容クリニックのメニューにも掲げられています。
このボトックスは、表情シワの改善だけでなく、小顔効果もある施術なのです。
どんな顔形の人が、ボトックス注射によって小顔になることができるでしょう。

 

ボトックス注射をする事で小顔になれるののは、筋肉の発達により顔が大きくなってしまったというケースになります。

 

例えば、エラの張ったタイプの顔型で、小顔になりたいという人には、とても効果的な方法だと言えます。
ボツリヌス菌がつくられる毒素をもとにしてボトックスはつくられており、神経に作用して筋肉の働きをストップさせる効果があります。
筋肉の抑制作用により、筋肉の動きがセーブされて、次第に筋肉が衰えて細くなります。
エラ張り顔は、咬筋が過度に発達した状態であるため、ボトックス注射をする事でエラが解消され小顔になるのです。
顔に筋肉がついていて、そのせいで小顔になることを妨げている人でなければ、ボトックスは無意味です。
エラが原因で顔が大きく見えているタイプの人には、ボトックス注射による方法は、とても効果的だと言えるでしょう。

 

ボトックスの小顔効果は施術する医師の技術にも左右されますから、ボトックス注射を希望するならよく吟味した上でクリニックを選んでください。