家庭用キャビテーション 自宅 エステ 痩身効果

家庭用キャビテーションの副作用

説明書の通りに使用すれば、安全性や痩身の効果が臨床実験ですでに実証されているものなので、

副作用は後遺症は心配ありません。

 

家庭用キャビテーションで利用されているラジオ波には、充てた部分の体温を3度〜5度上昇させる力があり、その熱で脂肪を溶かすからダイエット効果があるとされている器具です。
体温を上げること自体が免疫効果を高めるので、体にとっては悪い影響はありません。
ですから、ラジオ波の照射部分が体温を上げるというメリットを用いてがん治療にすでに応用されているくらいなので副作用の不安はないと考えて大丈夫です。

 

副作用はないのですが、家庭用キャビテーションを使用中に不具合を感じる方はいるかもしれません。

 

それは、痩せたい部分に脂肪細胞膜にだけ働きかける特殊な超音波を使って脂肪細胞膜を破壊し、脂肪細胞の数を減少させていくマシンなので施術している時、超音波独特のキーンとなる音が耳につく人はいるようです。
ごく小さな音ではありますが、その音が施術が終わっても一時聞こえるといった人もいますが、気にならない人は全く気になりません。
ちなみに音は気になる人はいても痛みを感じる方はほとんどいませんのでご安心を!

 

それどころか、ダイエット器具には、強くマッサージをしたり、揉みほぐしたりするタイプのものがあり、痛みを感じるような方でも家庭用キャビテーションでは強くマッサージをしたり、揉みほぐしたりする必要が無いので、内出血やアザが出来ることもありません。
痩せたい時に、この家庭用キャビテーションだけに頼るのではなく、
あくまでも部分痩せの補助的なものとして使う分には、問題なく使用出来ます。
使用する頻度や、やり方をちゃんと守って正しく使うことで副作用や他の健康被害は防いでいくことが出来ます。