家庭用キャビテーション

代謝をあげれば痩せられる

 

代謝は歳を重ねるに連れて低下していってしまいます。
それは長年積み重ねてきた運動不足や食生活も大きく関係してくるのですが、
代謝をあげることができれば自然と体重も落ちてくるのです。
しかし、代謝をあげるには日々の積み重ねと長い時間がかかるので、目標の体重まで諦めずに
続けられるかが痩せられるか痩せられないかの分かれ道となってしまいます。

 

カギとなるのが基礎代謝です。
基礎代謝は特に運動をしていなくても、体の各機能や内臓が働くことで消費するエネルギーのことで、この基礎代謝が加齢と共に下がってしまうのです。
昔と今を比べて食事内容や量を変えたり増やしたりしていないのに体重が増えてしまったり、
以前よりも食事に気をつけているのにも関わらず痩せないという人は、
基礎代謝が低下していることが原因なのかも知れません。

 

基礎代謝をあげる方法はたくさんあるのですが、
まずは身体を冷やさないことです。
冷たいものを食べると体の内側から冷えてしまい、
内臓の働きを低下させてしまいます。
できるだけ温かいものや常温のものを食べたり飲んだりしましょう。
軽い運動を生活に取り入れることも、筋肉量を増やし代謝をあげることに繋がります。

 

肥満の人が体重減少のためにするべきこと

肥満体型は、見た目が太って見えるだけでなく、心臓や血管への負荷が大きくなり、健康を損なう恐れがあります。
肥満と呼ばれる体重になっている人は、体重を減らすことが、健康な体づくりにつながります。
しかし、体重を減らしたいと思っているにもかかわらず、食べたいものを食べてしまうという人も多いようです。
特に肥満の人は、欲望のままに食べてしまうことが多いので、体重減少させるのが難しい傾向にあります。

 

体重を減らしたいならなにをすべきかというと、まずは食生活の見直しです。
いきなり食事を変えようとするのではなく、現時点で、どんなものを食べているかを調べてみてください。
これまではあまり気にしてなかった栄養の偏りや、食事の量などを、客観的な視点でチェックすることで気づくことができるので、自ずと改善点を見出すことができます。
普段の食事を把握することで、どこに改善点が見いだせるかをはっきりさせることが、ダイエットへの道筋になります。
炭水化物を減らし、低カロリーのたんぱく質を摂取するよう心がけるなど、全体から見たバランスを考えましょう。
何を食べるのか迷ったときには、カロリーが少ないメニューを選択することで、摂取カロリーを抑えることが可能になります。

 

毎日の食事内容を改善していくことで、次第に体重が落ちるようになります。
低カロリーで栄養の偏りが少ない食事を心がけることで肥満が解消されやすくなり、ますますやる気を高めていくことができます。