家庭用キャビテーション

目的を間違うと・・

家庭用キャビテーションは効果がないという口コミがありますが、効果がないではなく、使用者の勘違いでは?と思う部分があります。

 

家庭用キャビテーションでは簡単には体重は落ちません。
機器を充て続けてもトータル何キロ落ちた・・・という結果は出にくいダイエット機器です。

 

脂肪1キロを見たことがあるでしょうか?
そこそこの塊です。
あれを見ると私の片方の太ももに3キロはついてるなーとがっかりするのですが・・

 

1回のキャビテーションで溶かせる脂肪の量は数グラム・数ミリグラムしかありません。
もし、何十グラムも減るのであれば、今ごろ私の太ももはモデルの脚になっています。

 

ですから、体重計とにらめっこしながら、他のダイエット方法は何もせず家庭用キャビテーションだけを使っている方は家庭用キャビテーションは効果がないと思う可能性があります。

 

つまり、家庭用キャビテーションは何g痩せたいというより何cm細くしたいという落ちにくい部分痩せ向きなのです。
しかも、他のダイエット、例えば、カロリー制限を行いながら、キャビテーションを使うとより効果的に部分痩せが可能になります。

 

カロリー制限で気が状態にある体は脂肪を燃やそうとします。
体は燃えやすいところから燃えていくので、まず内臓脂肪から燃えるのですが、キャビテーションで脂肪を柔らかくしているため、キャビテーションを充てた部分は他の部位より燃えやすい状態にあります。
するとより効果的に部分痩せが可能になってきます。